FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2018.04/01(Sun)

ギモーヴを作ってみた

gimov01.jpg
Guimauve-ギモーヴ-
英語でマシュマロと呼ばれてます、ギモーヴはフランス語です。
果実のピューレに砂糖、ゼラチンを加えて泡立てたお菓子。
メレンゲを使った物もありますが、今回はメレンゲ不使用の方法で作っています。


ギモーヴ・フレーズ
gimov1.jpg

苺・・・・150g
フランボワーズ・・・50g
グラニュー糖・・・250g
トレハロース・・・50g
水あめ・・・100g

ゼラチン・・・22g
水・・・100g
*水に入れてふやかしておく
水あめ・・・125g
クエン酸水溶液・・・4g
*クエン酸と水を1:1で溶かした物

コーンスターチと粉砂糖1:1で合わせた物…適量


ギモーヴ・オレンジパッション
gimov1-1.jpg

オレンジ・・・150g
パッションピューレ・・・50g
グラニュー糖・・・250g
トレハロース・・・50g
水あめ・・・100g

ゼラチン・・・22g
水・・・100g
水あめ・・・125g

コーンスターチと粉砂糖1:1で合わせた物…適量



【型の準備】
gimov2.jpg
生地を流す型にベーキングシートを敷き
コーンスターチと粉砂糖を1:1で合わせた粉をたっぷり降るっておく。

【工程1】 生地作り(ギモーブ・フレーズ)

gimov3.jpg
gimov4.jpg
1.鍋にAの材料を入れ果肉を潰しながら温度計で105度になるまで煮詰める。


gimov5.jpg
2.ボールにBの材料を入れ、湯せんにかけて溶かし混ぜる。


gimov6.jpg
3.2をハンドミキサーで泡立てながら105度に煮詰めた1を加えていく。


gimov8.jpg
4.白くもったりするまで根気よく高回転で泡立てる。
*生地が冷めると固まるので温かいうちに泡立てる。


gimov9.jpg
5.用意しておいた型に流し込み、表面全体にコーンスターチと粉砂糖の粉を降るっておく。
  常温で暫く冷まし、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷ます。



【工程2】 カット~仕上げ

gimov10.jpg
1.冷めて固まったギモーヴを型から外す。


gimov11.jpg
2.2センチ角にカットし、全体にコーンスターチと粉砂糖の粉をまぶしてくっ付かないようにした後、
ザルを使って余分な粉をふるい落として完成。
*カット時、包丁に粉を付けてやるとくっ付かない。
*ギモーヴ・パッションオレンジも作り方は同じです。




gimov02.jpg
少ない材料で手軽に作れる簡単なお菓子の一つです。
ホワイトデーなどの贈り物にいいですね。

【余談】
ギモーブのレシピに水あめでなく転化糖を使用しているのをよくみます、
転化糖は糖の結晶化を防いだり保湿性が高いのでしっとりした生地になるのですが
(日持ちも良い?)甘味が強い為、個人的には水あめの方が好きです。
その代りと言うわけではないですが、トレハロースも高い保湿性を持っています、
また、甘みもグラニュー糖より少ないのでお勧めです。
スポンサーサイト
00:46  |  とある日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。